求職者様

モネリクルートは、主に「介護」・「システム開発」・「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」の3つの分野で、外国人等の求職者の皆様に就業機会をご紹介します。

介護

  • 日本ではいま大きく4つの外国人介護職受入れの制度が整備されています。詳しくは下記のダウンロード・ボタンでガイドブック(英語版)をご参照ください。
  • これらの制度のなかで「介護」の在留資格では無期限、また、他の3つの制度のいくつかを組み合わせることで最長10年間日本で介護士として就労することが出来ます。
  • モネリクルートは、これらの4つの制度のなかで「特定技能」と「介護」の在留資格で就労する外国人介護士を対象とします。当面はフィリピン、モンゴル、中国に限定します。
  • 「介護」の在留資格を取るためには介護福祉士の国家資格を取ることが必要です。モネリクルートは、「特定技能」の制度で雇用した後に介護福祉士国家資格取得を奨励しサポートする介護施設へのリクルート・サービスを重視しています。
  • 技能実習やEPAプログラムを既に修了して日本に在留されている外国人の「特定技能」の在留資格での応募も歓迎します。
  • また、このような外国人介護士と一緒に働いてみたいと思う日本人の介護士も歓迎です。
  • 下記のダウンロード・ボタンでレジュメ(英語版)のフォームを入手し、モネリクルートに送って下さい。

システム開発

  • 日本では、システム開発のコスト削減と人材資源確保の観点から、大企業だけでなく中堅・中小のシステム開発企業においても、オフショア開発が注目されています。
  • モネリクルートは、このオフショア開発で重要な、海外の委託先と日本の委託者との橋渡しの役割を担うブリッジ・システム・エンジニアの採用・育成に関心のある企業へのリクルート・サービスを重点的に提供します。
  • 日本のシステム・エンジニアとのチームでのシステム開発に必要な専門日本語コミュニケーション力を養成するためのモネリクルート独自の研修プログラムも提供します。
  • 下記のダウンロード・ボタンでレジュメ(英語版)のフォームを入手し、モネリクルートに送って下さい。

デジタル・トランスフォーメーション(DX)

  • デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革、ひいては経営の変革、即ちデジタル・トランスフォーメーション(DX)は、日本の企業においても待ったなしです。
  • DXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績がすでに表れている企業も日本に出始めましたが、まだ一部です。
  • 今後の本格化のためには、デジタル人材の確保・育成が急務であり、モネリクルートはデジタル技術の知見を有するDX人材に重点をおいて募集します。そのような外国人候補者には、DX推進の現場で必要な専門日本語の習得を独自の方法でサポートするサービスも提供します。
  • DX推進の即戦力となる、またDX人材へのキャリア変換にチャレンジする日本人候補者の応募も歓迎します。